上海の交通カードがiPhoneで使えるようになった!外国人でも登録できるよ!

こんにちは「中国生活便利帳」です。

中国で生活していると特に驚かされるのがスマホ支払いの進化ぶり。

日本のマスコミも注目をしているところですよね。

以前私は自分のブログの中で

キャッシュレス化が進む中国。 QRコードで地下鉄乗車なんて上海はすごいねぇ、ばあさんって気分でいたら、 既に大連や成都といった中国他の都市の地下鉄では実施済だったという。 はやい・・・この進化のスピードについていけないわ

こんな記事を書きました。上海の地下鉄でアプリで表示されるQRコードを使って地下鉄に乗れるのですが、この当時外国人はこのアプリの使用は不可でした。

実名認証での認証可能な身分証明が中国人が所持するIDカードで、パスポートを身分証明に使う外国人は対象外だったのです。

2018年内にこの問題に対応するとの話がありました。

そうしたら・・・

2018年3月30日、このアプリのバージョンアップを待たずして、iPhoneのiOsのバージョン11.3からapplePayに上海交通カードが使用できるようになりました!

どうせ外国人は無理なんでしょ・・・と思っていたら、どうもできるらしい??

ということでiPhoneに交通カード登録をしてみることにしました。

スポンサーリンク

交通カードをApplePayで使えるiOSのバージョンは?

iOS11.3です。「連携できない~」と慌てる前にiOsのバージョンを確認し、11.3でなければ更新しましょう。

阿信
何を隠そう慌てたのは私です・・・

アップルウォッチの場合watchOS 4.3以上とのことです。

交通カードをApplePayで使えるiPhoneのバージョンは?

iPhone6以上で使用できます

交通カードをapplePayで使える方法

前提条件として

iOSが11.3以上、iPhone6以降であることを確認してください。

また、お手元に今お使いの交通カードを用意してください。

そしてここが大事!「上海交通カード公式アプリ」をインストールします。

3月30日更新のブログでこのアプリインストールの手順が抜けて記事UPされていました。もし当時ブログを見て操作してできない方がいたらすみません。

上海交通カード公式アプリをインストール

Apple Storeで「上海交通卡官方版」を検索します。日本語で「上海交通」と打てば候補が表示されます。

インストールして→カード→バーチャルカード開設をタップ

すると

何かアクションするにつけ出るのが

「まず実名認証をしてください」

この「実名認証」、パスポート非対応なんです。

ああ、これもパスポート非対応なのね・・・外国人だめじゃん!と嘆くにはまだ早い。

ここでApple Payへ行きます。

1.設置→Apple Payへ

iPhoneの設置

スクロールしてApple Pay

2.カードを追加→継続をタップ

3.カードの種類を選択

すると上海在住者には見慣れた、あの上海交通カードの画像が出てきます!当然こちらをタップ

4.手元に交通カードを準備!

するとチャージの画面になります。

手元に交通カードがある方は、オレンジ枠で囲っている「既存のカードからチャージ」を選択します。

チャージ金額の他に20元のサービス料がかかります。このサービス料はサービス利用終了時に返金されます。

5.交通カードをiPhone上部にタッチ

すると以下のような画面になります。交通カードを写真のようにiPhoneの上部にタッチしてください。

チャージの操作がうまくいくと「チャージ中」の画面になります。

その後「カード追加中」の画面になります。

6.Apple Payに交通カード取り込み完了

「『上海交通カード』は公共交通に乗車の際に使えるようになりました」とメッセージが出ました。

これでApple Payで上海交通カードが使えるようになりました。

どうやって使うの??

実は私、この記事書きながらiPhoneを操作して登録したのでまだ地下鉄やバスで使用していないのですが(←オイ)

おまけにApple Payすら使うのこれがお初でして。

まだ使ったことはないのですが、使い方としては

1.設定→Apple Payから、使いたい交通カードを選択

出てきた画面をスクロールして中国語ですと「打开服务模式」をタップ

日本語表記のiPhoneだと何でしょう?「サービスを使う」とかで表記されているのでしょうか・・・。

3.交通カードの画面を読み取り機に近づける

すると下の画面になり、交通カードが利用できるようになるので

この画面を地下鉄やバスのカード読み取り機に近づければ乗れるということです。

まじかいな・・・

という気分がしないでもない今日この頃ですが、こうすればiPhoneで交通カードが利用できますよ!使えたらまたレポします。

今ブログを見直していたら6.のところで「iPhoneを読み取り機に近づければ自動的に交通カードが起動する」と中国語で書いてあることに気づき、ますます「そんなことあり??」状態。早く使ってみたい。

交通カードを持ち歩かなくてよくなって一つ身軽になれますね。逆にスマホを紛失するととんでもない事になりますが。管理はしっかりしないといけません。

↓中国のネットではこんな動画がありました。きっとこれで大丈夫なんだと思います。

交通カードの購入やチャージで駅まで出向かなくてOK

またApple Payに銀行カードを登録すれば、iPhone内の交通カードにチャージができます。

更に言うと!Apple Payに銀行カードを登録すれば交通カードをiPhoneに作ることができます。

もう地下鉄のチャージ機や交通カードの販売所まで出向く必要はないんです。

今日は交通カードの新規購入方法、料金チャージの方法について紹介します。 2018年初頭から上海の地下鉄でもスマホ決済で...

こんな記事もせっせと書いたのに・・・そのうち古い情報になっちゃうんでしょうか。

中国の銀行カードを持っていない方は早く口座を開設しましょう~。

赴任して早々に必要となるのが銀行口座。駐在員のうち、元で給与が支払われる場合は、会社指定のメインバンクで契約するのが手っ取り早いと思いますが...

ちなみに・・・

小米やフワーウェイといった、中国の国産メーカーのスマホでは上の方式での上海交通カードへの対応は済んでいるんだとか!国産スマホもあなどれません。

また中国生活が便利になりますね♪私も週末使ってみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ