上海の各空港から市内までのアクセス(虹橋空港編)

今日は出張や国内旅行で利用することが多い虹橋空港から市内までのアクセスについて紹介します。

上海虹橋空港は主に中国国内線が発着する空港です。羽田便など一部国際線もあります。また中国各地を結ぶ高速鉄道(高鉄)駅「上海虹橋駅」とも隣接している中国国内交通における一大ターミナル拠点です。

虹橋空港は日本人が多く居住する虹橋・古北エリアから比較的近く、距離的にもタクシーが利用しやすいのですが、時間帯によってはタクシーの順番待ちに時間がかかることがあります。そんな時の応用として今日は虹橋空港から上海市内へのタクシー以外のアクセス方法も豊富にご紹介します。

スポンサーリンク

虹橋空港にもT1、T2がある

虹橋空港にはターミナル1(中国語では航站楼(háng zhàn lóu/ハン2チャン4ロウ2))、ターミナル2があります。

ターミナル1

ターミナル1では春秋航空の国内便と上海から香港、マカオ、台湾、日本、韓国に飛ぶ国際便が運行されています。

ターミナル2

ターミナル2では春秋航空を除くすべての国内便が運行されています。

旅客数としてはターミナル2の方が圧倒的に多く、それに合わせて交通の利便性もターミナル2の方が高くなっています。

上海虹橋空港から上海市内へのアクセス方法

先般の浦東空港編から上海市内への移動方法を紹介した記事では以下のアクセス方法がありました。

1.空港バス
2.リニアモーターカー
3.地下鉄2号線
4.タクシー
5.シャトルバス
6.送迎サービス会社に予約したリムジンなど

※このうち、リニアモーターカーは虹橋空港には走っていません。

浦東空港から→上海市内への移動方法の紹介記事はこちらです。

中国に入国し、荷物を受け取ったら、次は市内までの移動です。中国の空港は市中心部から車で約1~2時間程度かかる場所に建設されていることが多く、市内への移動は空港バスやタクシーになることがほとんどですが、都市の空港では地下鉄のアクセスが便利な空港もあります。今日は上海浦東空港から市内までのアクセス方法について紹介します。

では、浦東空港と比較しながら順に見ていきましょう。

空港バス

浦東空港には数路線あった空港バスですが、虹橋空港には市内へ向かう空港バスがありません。浦東空港とを結ぶ1路線のみです。

【機場一線】
虹橋東交通中心(虹橋T2)⇔浦東空港T1、T2(6:00~23:00/20-30分間隔)片道30元
※虹橋T1には停まりません。

阿信
へぇ!虹橋空港から市内への空港バスってなかったんだ!知らなかった。意外!

地下鉄

虹橋空港は地下鉄の2号線、10号線の駅と直結しています(T1は10号線のみ)。

空港内の「地铁(dìtiě )Metro」の看板表示に従って進みましょう。T2から乗車できる虹桥2号航站楼駅ですが、2号線と10号線は中で繋がっていませんので、乗り間違えないようきちんと調べてから乗車しましょう。

阿信
2号線は虹橋空港T2駅、10号線は虹橋空港T1駅で、地下鉄駅構内でこの2つの駅がつながっているわけではない。

地下鉄2号線は上海虹橋空港から浦東空港までを結ぶ地下鉄。途中日本人居住者が多い虹橋地区や中山公園、静安寺、南京路、人民広場、陆家嘴、世紀公園などを通ります。

地下鉄10号線は上海動物園、古北エリアの水城路、古北高島屋最寄りの伊犁路、宋園路、交通大学などを通る路線です、

ご参考までに上海地下鉄全体の路線図を貼っておきます。

※上海のフリーパーパー、ウェネバーさんのグルメ別冊よりお借りしました。

参考記事

上海に来て間もない頃は、右も左も判らずに苦労することが多いと思います。そんな上海ビギナーをサポートしてくれるのが各社が発行しているフリーペー...

タクシーの行列が長い時、キャリーケース1つなどで身動きしやすい場合は、地下鉄で帰宅した方が早く家に着けることもあります。あるいは地下鉄で目的地方面の駅まで移動し、途中下車してそこからタクシーに乗り換える手もありますね。

タクシー

浦東空港同様、空港から市内へ移動する際に多くの方が選択する移動手段になります。

先ほども書いたとおり、時間帯によっては非常に混雑しています。係員が時折チェックしていますが、虹橋空港は白タク、黒タクが多いので注意してください。

タクシーの長蛇の列に並んでいると「○○まで△△元」と言ってきて車に乗せようとする客引きがいますが、全て違法の白タク、黒タクです。絶対に相手にしないで正規のタクシーを待ってください。法外な運賃を要求されたり、事故やトラブルがあっても保険が白タク、黒タクですと保険が降りませんし警察も味方になってくれません。

タクシーの順番が来ると列の前で配車をする係員から

几位?
jǐ wèi/ジー 3ウェイ4

→(訳)何人?

と尋ねられます。

一位、两位、三位、四位・・・
yí wèi/liǎng wèi/ sān wèi /sì wèi

→(訳)1,2,3,4人・・・・

と答えましょう。

すると、「こっちの車乗って」と指示されます。指示されたタクシー以外は乗れません。

阿信
この配車の人ってどんな基準で配車しているのかイマイチ謎。「荷物多いし人数も多いからワゴンにして」と言っても聞いてくれなかったり。女性一人利用でワゴンに乗せてたり。ま、テキトーなんでしょう・・・。

タクシー運転手に行きたい場所を告げるときの表現は「中国便利帳」でも出てきているお馴染みフレーズ。

我要到〇〇路、〇〇路
wǒyàodào〇〇lù、〇〇lù/ウォー3ヤオ4タオ4 ルゥー4

→(訳)〇〇路×〇〇路へ行きたいです。

参考
タクシーを利用する前に!行き先を告げる際のルールについて詳しく紹介。中国語音声付き
https://china-benri.com/taxi_in_china/

実際にタクシーに乗ったら何と言うの?にフォーカスあてた記事。中国語音声付き
https://china-benri.com/taxi_in_china_for_biginners/

おすすめタクシー会社についてはこちらの記事内に詳しいです。
https://china-benri.com/from_airport_to_destination/

EGO BUS

浦東空港から上海市内への移動方法記事内でもご紹介したのですが、上海市内のホテルやビジネスエリアを巡回してくれるシャトルバス EGO BUS(易久巴士)が虹橋空港でも利用できます(T2のみ)。

空港から目的地、日時、必要枚数を入力して予約しておくと、1人68元で目的地に行くことができます。

最近当サイトにはこの検索ワードからの読者様がチラホラいらっしゃるのですが、注目のサービスなんですね。リムジンバスなので、車内はゆったり清潔で、ボトルウォーターのサービスもあるとか。スーツケースを入れるスペースも広々としているんだそうです。

タクシーとの大きな違いは、「どこまで行っても一人68元」であること。タクシーですとタクシー1台の運賃で乗った人の頭数で割れますが、EGO BUSは「68元×人」です。

送迎サービス会社のリムジン・日本人お客慣れしたタクシーなど

同じく浦東空港編でご紹介した送迎会社を利用する手段です。虹橋空港への送迎サービスももちろんありますので、各社にお問い合わせしてみて下さい。お住まいが虹橋・古北エリアの場合ですと比較的近いので渋られるケースがあるかも知れませんが、そういった場合は普通のタクシーを拾えば良いですしね。

交通手段はいくつも頭の中に入れておいて臨機応変な対応ができるようにしておくと安心です。

番外編 公共路線バスに乗る場合

浦東空港から上海市内に向かう一般路線バスはありませんが、一方で虹橋空港は上海市内まで比較的近い立地から路線バスが数路線乗り入れしています。

今は地下鉄が便利になりましたし、空港から路線バスに乗る日本人の方はあまり多くないかも知れませんが、日本人居住者の多いエリアを通過するバスもありますので、こちらで紹介しておきますね。

【806路】
虹橋空港T1⇔盧浦大橋(6:00~21:30/15分間隔)片道2~5元
停車駅(抜粋)
虹橋空港T1-上海動物園-虹梅路-水城路-虹橋開発区-新華路番禺路-広元路-打浦橋-
盧浦大橋

【807路】
虹橋空港T1⇔清潤新村(6:00~22:00/20分間隔)片道2元
停車駅(抜粋)
虹橋空港T1-上海動物園-哈密路仙霞路-真北路金沙江路-真光路曹安路-清潤新村

【938路】
虹橋空港T1⇔楊家渡(浦東)(6:00~21:30/約10分間隔)片道2~7元
停車駅(抜粋)
虹橋空港T1-上海動物園-水城路-虹橋開発区-西区汽車駅-上海游泳館-中山南路西藏南路-浦東南路浦建路-浦東南路浦電路-八佰伴(ヤオハン)-楊家渡

【941路】
虹橋東交通中心(虹橋T2)⇔上海火車駅(6:00~22:15/10-12分間隔)片道2~4元
停車駅(抜粋)
虹橋東交通中心(虹橋T2)-上海動物園-虹橋路虹梅路-水城路虹橋路-水城路茅台路-天山路芙蓉江路-天山路娄山関路-中山公園-長寿路常徳路-長寿路西康路-上海火車駅(南口)

路線バスの運行状況は微信(Wechat)公式アカウントで分かる

路線バスの運行状況はこのブログ「中国便利帳」でも出てきた「上海発布」の微信(wechat)公式アカウントから検索できます。

このバーコードをどうやって読み取れば??というアナタは下の記事を参照に。

「上海発布」登録後、市政大庁をタップすると下の画面になります。

左上の「公交试试到站」で運行状況が分かります。

上海路線バスの運行状況、詳しい見方はこちらを参考に。

タクシー、地下鉄、バスを乗りこなして、移動の達人になってくださいね。